■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
卒業
あいにくの雨です。
天気予報で覚悟はしていました。
が・・・・・・残念。



式は9時から。
早めに会場へ着きましたが、
もうすでに半分近く保護者席はうまっています。
最前列に座っている方に、来た時間を聞いてみると
なんと8時前!
皆さん、気合いはいってます。


5年生がリコーダーで演奏する『威風堂々』で卒業生が入場します。
皆、緊張しているようです。
卒業証書授与
校長祝辞
・・・・・
粛々と式典は進みそして
『別れのつどい』

来賓として卒業式に参加したときも
この別れのつどいでウルウルしてしまっていたのに
これが我が子たちのだと思うと
思っただけでウルウル。


ずっとずっと我慢して
歯を食いしばりすぎてあごがつかれ
涙を堪えすぎて
鼻の奥がジンジンしていましたが、


おとうさん、おかあさん

ありがとうございました

ありがとう  ございました




卒業生の声が響きます。

堪え切れませんでした。
涙が溢れました。



その後、卒業生退場
クラス解散式
そして在校生による見送り
体育館で記念撮影


式のあとがけっこう忙しく
涙の跡もすっかり元どおり

クラス毎の記念撮影の後が、
個人毎の記念撮影大会。

あっちこっちで

「一緒に写真撮ろ?????

母は子どもたちの後を追いかけ

「はい、撮るよ????、チーズ


声が枯れました。

照れる男子をつかまえ(拉致?)無理やり撮影。
まんざらでもなっそうです
結局100枚以上は撮りました。


その後、仲良し親子でランチ。
子どもたちはプリクラ。
母たちは買い物。

めまぐるしい一日でした。











続きを読む >>
スポンサーサイト
日記 | 18:55:52 | Trackback(0) | Comments(6)
卒業式の歌
女性上司がポツリといいました。


もうすぐ卒業式ね?
久しぶりに仰げば尊しを歌ってみたら
歌詞をすっかり忘れてたわ



あ?、仰げば尊しですか?
今は歌いませんよ



ええっ!!
じゃあ何歌うの?
もしかして蛍の光も歌わないの?



そうですよ?



PTA本部役員の時
来賓として2回、卒業式に参加した事があります。

その時に歌われていたのは

『旅立ちの日に』

いま、トモダチコレクションのCMでも流れています。


子どもたちに聞いてみると
やはり今年の卒業式に歌われるのもこの歌。

いい歌です。
聞いているだけで、涙がにじんできます。



おかん、卒業式は絶対泣くと思う

と宣言。

子どもたちは

いやだ?、泣かないでよ


なんでだよ!!


















おまけ

『旅立ちの日に』
小嶋 登作詞・坂本 浩美作曲

白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強くだいて

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に







日記 | 19:42:33 | Trackback(0) | Comments(2)
ナイス!!父
このところ気温が高くなり、
家飼いの猫のいる我が家は少々臭うようになり、
いつものファブリーズは空っぽで、
早速、父と近所のドラッグストアへ行きました。

ふと見ると、
そこにはなんだかよくわからない匂いのファブリーズが。



そよぐ草原?

くつろぐフローラルブーケ?



「ふわりおひさまのかおりってどんな匂いなんだろうね?」


とつぶやく私の疑問に、近くにいた店員さんが


「本当ですね?」と同調してくれました。


「悩むな?、どれにしようか?『おひさまのかおり』気になるな?、ねえ、どう思う?」


と父に聞いたところ


「おひさま?『おじさまのかおり』じゃないならいいんじゃないの」


お・じ・さ・ま


ツボに入りました。

店員さんもツボに入った様で

「お客様・・・・ムフフフ・・・・、ナイスな・・・・・フフ」

最近の父の親父ギャグの中では高得点でした


もちろん「ふわりおひさまのかおり」を購入。

おじさまのかおりはもちろんしませんでしたよ。

でもそれ以降我が家ではファブリーズを使う事を


「ねえ、『おじさま』しといてくれる」


と言うようになりました








日記 | 18:54:16 | Trackback(0) | Comments(0)
退会です、つづき
昨日、稽古の後
二人で先生に「3月一杯でやめます」と言いに行きました。
先生からは「いつでも戻っておいで」と言って貰えたようです。

今まで、
やる気の無い態度を見るたびに

「いやなら辞めちゃいなさい!」

ときつく言っても、
絶対に「辞める」と言わなかった娘たちです。


それが先日、

「お母さん、やる気が無くなったので空手辞めさせてください

と言いに来ました。



その時は

「じゃあ、辞める時期を自分たちで決めなさい。
 それとちゃんと先生方に辞める理由を言い、お礼と挨拶をするんだよ


と返しました。






その後、彼女たちからはなんのアクションもなく・・・・

はっきりとした理由はわからず・・・・・





実は2月早々に
選手コースでちょっとした事件があったのです。



県本部の講習会とS県で行われた1泊2日のセミナー
選手コースのメンバーはどちらかに参加していました。
(うちの娘たちは家の都合でどちらも参加せず)




簡単に言えば、

『覇気が無く』

『礼儀も欠いた』
ので

先生の怒りが爆発したらしいのです。





うちの道場は
礼儀には甘い道場だと思います。

継続して教えてこなかった、
指導者側にも責任があると思います。

でも、そこは選手コース。
それは通用しません。



こっぴどく叱られた後に、
同じ事をしてしまった中学生が
殴られました。


先生は選手コースを活動停止にし
中学生に委ねました。



中学生は、中学生なりに、
いろいろ考えたのでしょうね。

でも、どれも
『やはり中学生だね』
というアイデアしか浮かびません。

それでも中学生たちは何とかしようと
選手コースメンバーを集め、
中学生の考えで自主練を始めました。




大人の指導員のように

『余裕は無く』

『威厳も無く』



気持ちばかりが空回りして
年下の後輩たちに
思いがなかなか伝わらない苛立ちをぶつけます。


うちの娘たちも言われたようです

「そんなんじゃ、ここにいる意味無いし!!」

本人たちは、

「そんな事言われた??」

って言うくらいなので、
やはり気持ちが空回りしていたのでしょう。





ただ、
その雰囲気はギスギスしていて

『厳しい稽古を、思いっきり楽しむ』

という選手コースとはかけ離れていたようです。





「中学になったら空手をどうしよう」

・・・・と悩んでいた娘たちには
辞める良いきっかけになってしまいました。


全然楽しくない。
行きたくない。


同じ理由で、仲良しが1人辞めました。
辞めたい気持ちは確定してしまったようです。


一ヶ月、活動停止で、今は通常に戻っています。

ですが、辞める気持ちに変化は無く
そして昨日です。



今回、一番かわいそうだったのは中学生。
指導の甘さのツケを、
彼らがかぶりました。






「厳しいのがイヤなら、
 お母さんと一緒に、通常コースか一般部に行こうよ。」



空手自体がイヤになってしまっているようで
私からの提案にも
苦虫噛み潰した顔をしています。



仕方が無いですね。

人の気持ちはどうにも出来ない。









空手 | 20:13:03 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。