■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
卒業
双子の娘たち、中学校卒業です。

思い返してみれば
大きなトラブルもなく、
が、おでこにはにきびが全開で
それを大いに気にしていて、
気分のムラ程度の反抗期でしたが、

でも、ちゃんと
「おかん、あのね…」
と話をしてくれました。

思春期に父親を避けるのはどうも本能らしく
(近親相姦を避けるためらしい)
で、避けられた(現在も避けられている)父は、とてもかわいそうですが
なんだかんだんで
あっという間の3年間でした。





娘たちが中学生活を充実できたのは、
お友達と担任のおかげです。

なかでもK先生は
1号は2年生で、
2号は1年生と3年生で、
姉妹で担任を引き受けていただき
また、母親の私の心の支え・・・?
いや、ちがうな、
心を癒し、
う~ん、

どちらかというと
突っ込みどころ満載でしたが、
うんうん、良い先生です。

とにかく、熱い先生で
子どもたちの目線でいろいろと指導してくださり、
行事に燃え、
子どもたちのやる気を引き出してくれる先生でした。

最後の学級懇談会の時に

「僕は卒業式は絶対に泣くと思います!」

と宣言された通り

卒業式後の旅立ちの会の時も
学級解散式の時も

なんども涙を流され、言葉に詰まり
生徒たちへのはなむけの言葉を送ってくださいました。
また手作りの学級通信総集編を全員にプレゼントしてくださり、
これがまた大傑作。
(中身を紹介したいくらいですが、個人情報満載なのでやめておきます。)
で、表紙の写真だけでも・・・・

hyousi


最後のあいさつの中で。
「僕はこのクラスが大好きです、本当に理想的なクラスでした」
とおっしゃいました。

先生の一言一言に、生徒たちへの
愛、感じます。

保護者の立場からも言わせてください。

先生は本当に理想的な素敵な先生でした。
先生にお世話になり、本当によかった。





スポンサーサイト
日記 | 15:56:02 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。