■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
春の行楽
といえば、リトルワールドです????
先週から新しいサーカスもはじまったしね?

でも、今回の目的はこれ
韓国で最年少で人間国宝になった、金大均さんの技を見るため。
『チュルタギ』
韓国の伝統芸能の綱渡りです。

1月に放送された『世界ウルルン滞在記・再会スペシャル』で始めて見ました。
1本の綱の上を歩くだけでも難しいのに、その上で飛んだり跳ねたり。
生で見れる機会なんてめったにないんですよ。

昨日はちょっぴり曇り空、すこし風がありました。
私たちは最終公演を観覧しました。

最初に金氏は、神様に祈りをささげます。
お祈りが終わると、積み上げてあったお供えのリンゴを観客に配りました。
そのうちの一つを1号がいただきました。
とてもうれしそうな1号です。

さあ、チュルタギが始まりました。
最初は綱の上をただ歩いているだけ。
そのうち技がダイナミックになって行きます。
「おお???、テレビで見たのと同じだ??^^」
と喜んでいるかえる一家の前で、
小学校低学年くらいの男の子たちが、
「なんだ、つまんね?

たしかにね、地味かもしんない。
地面から2メートルくらい上の綱を渡るだけだもん。
でもね、それだけで20分間も見せられないよ。
華やかではないけれど、1300年受け継がれてきた伝統の技。
つまらないだけで終わらせて欲しくないな

うちの娘たちには一生懸命伝統を守ろうとする人に、
そう言う言葉を吐き捨てる人にはなって欲しくないとつくづく思った。

公演が終わり、金氏と一緒に写真をとってもらいました。
とても気のいいおじさん(でも私より若いはず!)でした

kimusi









リトルワールド | 21:40:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。