■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
空手の稽古2
17・18日、2日連続で空手の稽古。

18日の練習は、先生のお父様、つまり大先生がご指導下さる。
先週から聞いていたので、前日から緊張です。

前日の稽古時、休憩時間に先生が私に聞かれました。

先生「明日の稽古には、参加されますか?」
私 「もちろんです!」
先生「まあ、がんばって下さい(ニヤリ)」
私 「なんなんですか?、その笑みは・・・?」
先生「いえいえ、べつに・・・・」
・・・・・

大先生の指導を受けた事のある道場生は皆、口をそろえて
「きびしいよ?」と言います。
どうしよう・・・・、私、ついていけるかしら・・・
不安が募ります。

当日は、H指導員による念入りなストレッチから始まりました。
大先生が道場に入っていらっしゃいました。
練習時間の半分ほどが大先生のお話でした。

道場を立ち上げられた経緯。
お仕事の話。
社会人としての心構えなど。

普通のお話だったけれど、大切な事をお改めて思い起こしていただけたお話でした。

そして練習。
正直に言って「本当に厳しかった・・・
先生は「親父も歳をとって随分丸くなったので、それほどでもないですよ」とおっしゃった。
という事は、昔はもっと厳しかったの?

竹刀で尻たたきは無かったけれど、でも、
改めて武道の厳しさ、礼儀の大切さをかみ締めた、1時間半でした。

大先生、ありがとうございました。
また機会があれば、ご指導お願いします。
そのときは、今より“まし”になっているよう努力します。


テーマ:( ̄д ̄)疲れた・・・ - ジャンル:日記

空手 | 11:44:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。