■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ねこ草
1号が学校の授業で、牛乳パックで稲を育てています。
夏休みは自宅で世話をしてくださいと言う事で、
1学期終了間際に持ち返って来ました。

その稲が日ごとにみすぼらしくなっていきます。
良く見ると何本かの葉が途中でちぎれていました。

「なぜ?誰かの仕業?」

疑問に思っているところに、犯人を発見。
あじゃおです。

朝ご飯のあと、稲のところへ行ってむしゃむしゃ。
「いやだ????、あじゃ????
1号の悲鳴にも、当のあじゃおはまったく気にしていません。

「あじゃお!これはね1号のイネなんだよ!
 食べちゃうなんてなんて事すんの!1号にあやまりな
と説教をする母でした^^;

もちろんあじゃおは謝りませんでした・・・・(アタリマエダッテ)
でもこの説教が効いたようで(?)、
それ以上、稲の状態はひどくはなっていないようです。
はてさて、稲はちゃんと穂を付けてくれるのでしょうか?


ちなみに2号の稲は、1学期中に枯れてしまいましたとさ。




| 17:46:06 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いひゃははっ
うちもそんなこんなで、植物は駄目です。
奴らには毒だというポトスまでも。。。。
恐るべし(笑)
2008-07-25 金 22:40:31 | URL | bk [編集]
bkさん
こんにちは。
猫のいるうちに植物はだめですね、やっぱり。
今回の稲もそうですが、通路脇のムスカリも球根を掘り起こされ、トイレになってたし・・・小さな花壇も猫ベットに早変わりです^^;
もぉ~~~~~v-390
と思っても、憎めないのが猫ですよね~v-343
2008-07-26 土 16:45:49 | URL | かえる母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。