■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仏教話し
先日、父の実家の法事に行って来ました。
父の実家は、名古屋市よりもう少し海の方に行った所にあります。

父の実家は曹洞宗です。
過去1度だけ法事に出た事がありますが
(もう一度あったのですが、出産後で欠席)
出席者全員でお経を読むのにびっくりしました(@@)。

今回は、びっくりすることも無く
(1号2号はびっくりしていましたが・・・)
キーが合わないお経をとっても小さい声で読み、
約30分のお経がおわりました。

そして今回、読経後のおっさまのお話が、
私にとっては『へぇ???』だったんです。


要約すると

日本は仏教国なのに、仏舎利(お釈迦様の骨)を持っていなかった。

持っている国に分けて欲しいとお願いした。

シャムの国(今のタイ)がわけてくれた。

日本のどこに仏舎利を置くかで、京都と愛知県が戦った。

京都より愛知県の方がお寺の数が多い。
(京都は大きいお寺は多いけれど、小さいお寺はあまり無い)

京都は最後に捨て台詞を残してこの戦いから降りた。

仏舎利が納められているのは覚王山日泰寺。

覚王とは覚りの王、つまりお釈迦様の事。

日泰寺とはニッタイジと読む。つまり日本とタイの事。

なので覚王山は今は高級住宅街になっていますが本来は聖域なんだそうです。




別に信心深いわけでは無いのですが、
お寺の名前に、そういう由来があるのね?なんて感心しました。
この仏舎利騒動。
ネットで調べると実に沢山ヒットするんですね?。
興味のある方は是非、検索してください。



全然関係無いけれど

『塔婆専用のプリンターがある』byトリビアの泉)

へぇ?、へぇ?、へぇ?、へぇ?・・・・・・(私は満へぇ)

でも、
今回の塔婆は手書きでしたわ。









日記 | 19:29:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。