■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
空手の稽古
木曜日、体育館

今日はいきなり型。
ウォーミングアップになるように、ゆっくりと序の型。
その後、平安二段。
空手に良い季節ではありますが、すでに汗だくです。


黒帯はいきなり『十手』です。
先生と少年弐段のF君・Kちゃんをお手本にして、十手を2回演武。


「はい、黒帯は後ろの方で十手を自主練!15分!」
 わからなかったらFかKに聞く事!」


その時いた黒帯は20名ほど。
ほとんどの子がF君とKちゃんに群がります。
とても大人が入り込める隙はありません。


私は十手はすでに予習済みです。
脳内演武は完璧

実際に体を動かしてみると・・・・・
だめだ、こりゃ

頭でわかっていても、指令が体のすみずみまで届かないんですね?。
ギクシャクしながら15分の自主練終了。
その後の黒帯全員での演武は、なんとか間違えずに終了。
予習しておいてよかったよ?



本日、残り稽古の日です。
1号2号は30分間組手の稽古。

私は見学のお母さん方と情報交換。
その時に男の子二人のお母さんYさんが

「かえる母さんはどうして空手をはじめようと思ったの?」

「え?・・・っと、見ていたらおもしろそうだったから」

「そうなんだ?・・・・・・・」

Yさん、本当は空手をやりたいみたいなんです。
家でも子どもたちに教わって、体を動かしているそうなんです。

「一緒にやろうよ?、楽しいよ」


その一歩を踏み出すには、いろんな決意や勇気がいります。
家庭の主婦となると、なおさら。
でも、この道場には、子どもの後を追って空手をはじめた母が6人います。
そのうち黒帯はわたしを含め2名。

私たちが後から来る人の手本になれたら、とてもうれしい




空手 | 16:37:33 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
すげ~
 素直に思います。
 子供の後を追って空手を始めると言うのはv-218
 「やりたい」と思っていても道場に足を踏み込むと言う「あと一歩」を、誰かさんが背中を押すことが出来れば素晴らしいですね。
 子供と一緒にやると言う事はある意味、「自分を捨てる」事も必要ですから。
2008-10-04 土 20:33:17 | URL | 空手親バカ [編集]
空手親バカさん
おはようございます。
同じような立場の人がいれば、入りやすいと思うのですが、
それでも勇気は目一杯いりますよね。
「自分を捨てる」
わかります。
やり始めはけっこう無様な姿をさらしますよね。
子どもたちからのダメ出しが厳しくて
逆切れした事も何度かありましたわ^^;
2008-10-06 月 07:23:08 | URL | かえる母 [編集]
私も子供の後を追って空手を始めた口です。
私が始めたころは大人は私一人。
道場始まって以来の大人の稽古生でした。
1年間大人は私一人でした。

始めたころはあまりに下手でかわいそうだったみたいで、
よく子供から慰められました、笑。
今ではきつい言葉でダメ出しされます、笑。

そして一般の稽古生ですが、、今はなんと全部で9人もいます。
黒帯は私を含めて2人、来年にはもう一人黒帯が誕生するかも!?です。

子供と一緒に始めると、子供の手前途中で投げ出せないといういい点があります。でも逆に辞められないという厳しさも…。
大人になると、やり遂げる覚悟って、結構大変なのかもしれませんね。
2008-10-06 月 10:38:58 | URL | rose [編集]
roseさん
こんばんは。
大人が誰もいないところに入って行くのは、さぞかし勇気がいったでしょう。でもそんなroseさんがいてくれたおかげで後に続く人が沢山出てきたんですよね^^
うちの道場でもそうやって人が増えてくれればうれしいのですが、やりたくてもあと一歩が踏み出せない人が結構います。

>大人になると、やり遂げる覚悟って、結構大変なのかもしれませんね

本当にそう思います。あまり深く考えずはじめた私は、今になってそう感じていますよ^^;
2008-10-06 月 18:32:08 | URL | かえる母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。