■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
リサイクルバザー
夏休み明けに、単P母親委員会の主催でリサイクルバザーが行われる。
家庭の不用品をご提供頂きそれを売り、売り上げは特別会計の収入になる。
その収入は、卒業する子どもたちへの記念品や、学校への寄贈品等の購入費用の一部に充てられる。

昨年始めて関わってて思った事がある。
母親委員が値段付をするのだが、とにかく高い!
「リサイクルなんだから、もっと安くても良いのではないの?」
と言ってみると、高く値を付けるにはわけがあるらしい。

どこにでも一生懸命(良く言えば・・・、悪く言えばうるさい人)なPの会員や地域の方がいる。
その方たちは、こういう機会に喜んで家庭の不用品を提供して下さる。
が、いざ当日バザー会場で、自分の提供した品の値段を見て
「私の出した物をこんな安物扱いした!」とお怒りになるらしい。

また、バザーでは景品・粗品やノベルティグッズの類は、ご提供をお断りしている。
その理由は、またもや上記の方々が
「ただでもらった品物を売るなんてあつかましい!」とお怒りになるかららしい。

リサイクルバザーの売り上げなんて本当に微々たる物だ。
物の大切さを考える良い機会だと言う事で行っているこの催しなのに・・・。
なんか変だぞ

近年では提供いただける方も、買っていただける方も減ってきている。
そりゃ当たり前だわな。
リサイクルバザーなのに、値段が高い!
そんなうるさい方々から、厳しい意見(苦情?言いがかり?)を毎年のように頂いては、役員も嫌になる。

本来の目的を忘れてしまっている活動なら、改善できなければやめてしまったほうが良い。

テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記

PTA&子ども会 | 15:44:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。