■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
審査の話し2
審査の話には続きがあります。

今回の昇段審査。
成人二段の受験者は1人もいませんでした。

何人かの先生が

「なんで誰も受けないんだ!だれかいないのか?」

と、言っていたとかいないとか・・・・・。



二段三段審査は本部席側に四段以上をお持ちの先生が、審査員としてずらっと並ばれます。
真ん中に受験者の審査エリアがあり
その反対側に今回審査員ではない指導員が、立会いの為座ります。


審査員の先生方が、審査の合間に
次に二段を受験出来そうな初段の指導員を物色していたとかいないとか・・・・



審査終了後
今回の受験者の方に声をかけ立ち話をしていたときに、
岐阜支部のS先生がMちゃんと私に

「次はあなたたちね?」

「え?なっ・・・・・何がですか?」

「二段受験よ」


ムリムリムリムリムリムリ・・・・・・・


三段受験者のSさんまで

「次は9月だからね?、がんばって

だ?か?ら?、無理だって???????


板割れないし、基本と型は何とかなっても
あの5人組手が?・・・・・


三段のY先生(女性)も三段受験の時にあばら骨を折ったそうだし・・・・


生活かかってますもん。
そんな無茶は出来ませんわ。


同じ5年生の子を持つKさんと、
受験するなら道着に大きく
「現在よんじゅうウン歳!怪我をすると治りが遅いです!」
とデカデカと書いておかなきゃ?
なんて・・・・・・。










書いておいても絶対無理!

とにかく、無理ですから?????






空手 | 19:05:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
今日、稽古に行ったら やはり弐段の話が話題に
なっていたようでした。
「次、Tさんはどうですか?」
「イヤイヤ、先輩のAさんの次に」
なんて会話があったようです(^-^)
2009-03-03 火 20:26:40 | URL | ゴマ [編集]
ゴマさん
やはりどこも同じ会話が繰り広げられていますね~。
こちらでも、私より先輩の初段の方が8人いらっしゃるので、まずその方々から行っていただかないと~、って逃げてますv-389
2009-03-04 水 07:43:52 | URL | かえる母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。