■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
空手の稽古
木曜日、体育館。
いつものように、ゲーム色の濃いウォーミングアップです。
その後、約束組手。
前半は指導。
後半は参加・・・・ですが、
背中の痛みがまだあるので、思いっきり力を抜いての参加となりました。


今日は残り稽古の日です。
子どもたちは、型。


私は、
全国大会で団体型に出場する低学年グループの練習を見学。
低学年と言う事で、集中力もあまりなく
ふざけてみたり、ぼやいてみたり・・・・
なんども同じ所を間違えたり。

「まじめにやってんの?」

と聞きたいくらい。



すると、残り稽古終了近くになって
低学年団体グループが先生に呼ばれました。

茶帯・黒帯の先輩たちを前にして
団体型を演武するようです。


皆固唾を飲んで見守ります。


まずは入場から・・・・

得意型!!

慈恩

声が小さい!
得意型!!


慈恩!

声が小さい!!
得意型!!!


慈恩!!

なんだ?、その小さな声!!小さい声のチャンピオンなんかいないぞ!!




演武を終えて戻ってくると
紫帯のYが泣いています。
座りこんだ茶帯のYも泣き出しました。

まだまだ練習量も足りなく、
団体型のメンバーとしての自覚も足りないちびっ子たちに
手痛い洗礼となりました。


試合の後って、なにかしら後悔するもんなんだよ。
だから後悔しないように、
今出来る精一杯をしないとね。

ちびっ子には難しい説教かな?










空手 | 08:42:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。