■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
義理の兄(姉の夫)が入院しました。
脳幹出血です。

幸いにも、
意識を無くさなかったので助けを呼べた事。
すぐに受け入れてくれる病院があった事。
すぐに病院に運ばれてすぐに処置が出来た事。

おかげで大事には至りませんでした。


とはいえ、今も義兄は
半身の痺れ、顔面麻痺、言語障害が残っています。
どれも軽度ではありますが、リハビリには数ヶ月かかります。


集中治療室から
数日で一般病棟に移る事ができたので
早速お見舞いに行って来ました。


心配する私たちをよそに、随分明るく振舞っています。
麻痺のある左側も、
ちゃんとグーパーが出来たし
腕も足も動かす事が出来ます。
私たちに得意げに見せてくれました。
でもずっと痺れていて感覚がないようです。

「健康診断を受けてな?、悪い所があったらな?、ちゃ?んと病院に行かんとあかんぞ」
とこちらが諭される始末。


まだ55歳です。

「お義兄さん、まだ孫の顔もみとらんで、まだまだくたばれんよ、はよ、ようならなね」


義兄は涙ぐんでいるようでした。


あたりまえの日常がいつまでも続く事、
健康でいつづける事は簡単そうで、
本当はすごく難しい事なんだな。

何の前兆もなくやってきた義兄の病が
私たちにも警告してくれました。


「お義兄さん、お正月にまた在所であえるよね」

「おお、がんばるわ」


今はただ、義兄の早い回復を祈るのみです。










日記 | 19:53:20 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
どうぞお大事に
 ご無事で何よりでしたね。
 人間、ちょっとしたタイミングの狂いで生と死を分けてしまいます。
 「その時」は出来ればずっと先に延ばしたいですが、いつ来てもいい様に常に全開でいたいですね。
2009-10-09 金 15:53:13 | URL | 空手親バカ [編集]
空手親バカさん
ありがとうございます。
身近な人の病は、なによりも身につまされますね。
あの日以来、家族全員が健康に気を使ってます。

私はまだまだ「その時」は迎えたくないです。
子どもたちが一人前になるまで、そして出来たら孫の顔をみれるまで!
そしてぽっくり逝く。
を目標にして頑張りたいと思っていますよ。

2009-10-09 金 18:11:33 | URL | かえる母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。