■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あじゃが逝きました
あじゃが逝きました

糖尿病から奇跡の復活を遂げてから、半年足らず
体調に気をつけて、これ以上太らないように食事にも気をつけ
ストレスを与えないように、あまりかまわず
悠々自適の老後を送っているはずでした

お腹のただれがひどくなり、
何度か病院通いをしました
ステロイドは飲めません

服を着せたり、カラーをしたり

それがストレスだったのでしょうか
食事の量が極端に減りました

それからなんどか病院通いをしましたが
少し元気が出ては、また食欲がなくなり、ぐったり

病院通いもストレスでしょう

みるみる元気がなくなりました


そのうちまったくご飯を食べなくなりました

高齢と言う事で積極的な治療は出来ず

脱水を防ぐため、点滴しか道はなく



悩みました




これ以上のストレスを与えたくない

でも生きていて欲しい

子どもたちは

お母さん、病院へ行かないの?

と聞きます


お母さんも悩んでいるんだよ

あじゃは病院へは行きたくないかもしれない
力なく鳴くその声が、胸に刺さります


でも、やはりつらそうな様子を見て
子どもたちと病院へ

点滴をして帰宅

翌朝、すこしだけ水を飲みました



生きたい!




そう言っているように思いました


その日、私は仕事を休む事が出来ませんでした


夕方

子どもたちから電話がありました


お母さん、あじゃがもうだめかも、息あまりしていない



体を温めて、体をなぜてあげて
お母さん、仕事終わったらすぐ帰るから



でも、間に合いませんでした


子どもたちに看取られて
あじゃは息を引き取りました


一人では逝きたくない



そうやって耐えていたのでしょうか





もう反応の無い体をさすりながら



ほんとうはもっと何かできたかもしれない



とか



仕事を休んで傍にいてあげれば良かった



とか

いろいろな後悔で

泣きました




子どもたちは案外冷静で

そんな私の傍でティッシュの箱を持って待機



でもつらくないはずがありません

生まれたときからそばにいた猫です

その夜も、翌日の朝もふたりはあじゃの傍にいました




市の火葬場使用の申請書をみたとき

これでお別れなんだと改めて実感し

涙が止まりませんでした


火葬場の入り口で遺骸を引き渡し、

もう、なにもしてあげられない

あたりまえのことを実感し、後悔しいっぱい泣きました




そしていつもの生活をしています

でも、ふいに涙が出ます





動物は死んだら虹の橋に行くのですよね

苦しみから開放されて、たのしく走り回っていると聞きました

いつか私たちが行くまで

かならず待っていて欲しいな





未分類 | 21:13:10 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
お悔やみ申し上げます。お気持ちお察しします。

かえる母さんのブログは良く見にきますが更新されていなければ素通りしていました。
でも、今日何気なく糖尿病の日記を再度読み、元気してるかな?と、思ったばかりなので驚きました。


心からあじゃちゃんの御冥福をお祈りします。
2012-03-16 金 23:41:34 | URL | ゴマ [編集]
 犬猫♪
 実家に居た頃は犬や猫を飼っていたのですが、出会いがあればやはり別れも訪れます

 一緒に過ごした日々をトキメキで彩ってくれたペット達に感謝です

2012-03-17 土 09:33:42 | URL | はりねず [編集]
ゴマさん
返信ありがとうございます。
最近は空手をやっていないこともあり、
更新を滞ってしまってすいません。
時々のぞいてくださってたんですね。

いっぱい泣いて、気持ちを吐き出してしまったほうが楽になるよと、知人からアドバイスを頂き、色んな方法で吐き出しています。

でもまだまだ体の中にあじゃへの思いがいっぱい溜まっていて、後悔ばかりが残っているような気がします。




2012-03-17 土 12:50:25 | URL | かえる母 [編集]
はりねずさん
返信ありがとうございます。
癒しを与えてくれたあじゃには感謝感謝です。
そのぶん、私は良い飼い主だったろうか?と自問自答しています。
あじゃが逝ってしまってから、ずいぶんとネガティブになっている私がいます。
2012-03-17 土 12:52:29 | URL | かえる母 [編集]
ご無沙汰しています
お忙しそうだったので、諸々のご報告もせず申し訳ございません。
あじゃちゃんのこと、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
私も実家に預けたままの愛猫を見送ることが出来ず、消化できずにおりました。
かえる母さんのお気持ち、痛いほど感じます。
猫達はきっと、時期とか時間とか解り過ぎるほど解って虹の橋を渡るのだと思います。
大丈夫、あじゃちゃんは幸せでした。
虹の橋の渡ったたもとで、飼い主が渡って来るのを待つと聞きました。
きっと日向ぼっこをしながら、のんびりと待っていてくれる。。
自分もそう思い日々を過ごしています。
長々と申し訳ありません。
2012-03-29 木 12:36:40 | URL | 末ママ☆ [編集]
Re: ご無沙汰しています
こちらこそ、御無沙汰しています。
本当に時々ですが、末ママさんのブログものぞかせていただいて、元気にしていらっしゃるのを確認し安心していました。(コメントしなくてスイマセン)
腰を痛め、膝を痛めて空手から遠のいてしまい、仕事と家庭だけの生活が当たり前になり、まあ、それはそれなりに充実している日々ですが、やはりなにか物足りなさ感もありという日常でした。

あじゃは今の家に越してきてから、ずっとここにいる子でした。
我が家の長男(?)として、妹たちの面倒も見てくれて、いてあたり前の存在でした。
もちろん私たちより先にいなくなってしまう事はわかっていたはずなのに、でもそれが現実になるのはつらいものですよね。
『後悔』という言葉がこんなに身に染みたのは初めてです。
いつか虹の橋のたもとで、あじゃにいろいろと言い訳(?)しなきゃな・・・と。

コメントありがとうございました。
2012-03-31 土 09:49:18 | URL | かえる母 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-05-17 木 22:59:28 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。