■プロフィール

蛙母

Author:蛙母
取柄のないおばばになりました。

■最近の記事
■最近のコメント
■リンク
■カテゴリー
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あじゃが逝きました
あじゃが逝きました

糖尿病から奇跡の復活を遂げてから、半年足らず
体調に気をつけて、これ以上太らないように食事にも気をつけ
ストレスを与えないように、あまりかまわず
悠々自適の老後を送っているはずでした

お腹のただれがひどくなり、
何度か病院通いをしました
ステロイドは飲めません

服を着せたり、カラーをしたり

それがストレスだったのでしょうか
食事の量が極端に減りました

それからなんどか病院通いをしましたが
少し元気が出ては、また食欲がなくなり、ぐったり

病院通いもストレスでしょう

みるみる元気がなくなりました


そのうちまったくご飯を食べなくなりました

高齢と言う事で積極的な治療は出来ず

脱水を防ぐため、点滴しか道はなく



悩みました




これ以上のストレスを与えたくない

でも生きていて欲しい

子どもたちは

お母さん、病院へ行かないの?

と聞きます


お母さんも悩んでいるんだよ

あじゃは病院へは行きたくないかもしれない
力なく鳴くその声が、胸に刺さります


でも、やはりつらそうな様子を見て
子どもたちと病院へ

点滴をして帰宅

翌朝、すこしだけ水を飲みました



生きたい!




そう言っているように思いました


その日、私は仕事を休む事が出来ませんでした


夕方

子どもたちから電話がありました


お母さん、あじゃがもうだめかも、息あまりしていない



体を温めて、体をなぜてあげて
お母さん、仕事終わったらすぐ帰るから



でも、間に合いませんでした


子どもたちに看取られて
あじゃは息を引き取りました


一人では逝きたくない



そうやって耐えていたのでしょうか





もう反応の無い体をさすりながら



ほんとうはもっと何かできたかもしれない



とか



仕事を休んで傍にいてあげれば良かった



とか

いろいろな後悔で

泣きました




子どもたちは案外冷静で

そんな私の傍でティッシュの箱を持って待機



でもつらくないはずがありません

生まれたときからそばにいた猫です

その夜も、翌日の朝もふたりはあじゃの傍にいました




市の火葬場使用の申請書をみたとき

これでお別れなんだと改めて実感し

涙が止まりませんでした


火葬場の入り口で遺骸を引き渡し、

もう、なにもしてあげられない

あたりまえのことを実感し、後悔しいっぱい泣きました




そしていつもの生活をしています

でも、ふいに涙が出ます





動物は死んだら虹の橋に行くのですよね

苦しみから開放されて、たのしく走り回っていると聞きました

いつか私たちが行くまで

かならず待っていて欲しいな





未分類 | 21:13:10 | Trackback(0) | Comments(7)
ねちがえました
なぜか最近、子どもたちは私と寝ています。
せまい部屋にそれぞれの布団を入り組んで敷きますが(日替わりで場所交替)
どんな並びになっても、かならず二人の足が私の体に乗ってきます。
とても寝相の悪い2人です。
寝ながら私に日ごろの恨みを晴らしているのでしょうか???

この暑さで、ただでさえ寝苦しいのに
子どもたちの足というか体がくっついてくるのでさらに暑い
おまけに夏だというのに毛皮をまとっているあじゃお(猫)まで寄り添ってくれるので、
さらにさらに暑い


そして今朝。
寝苦しさに、ふっと目を覚ますと、
私の左側頭に2号の足の裏がくっついていました。

体を起こそうと動かすと首から左の肩までに激痛が走ります。

なんだ?これ??ものすごく痛いぞ

2号の足で、左側に負荷をかけられていたのかもしれません。
もしかすると蹴られたのかも。

ひどい寝違えです。

やっぱり日ごろの恨みを????2号め?????

本日私は、
左肩・首に湿布を貼って安静。
家事の出来ない(いえ、本当は出来ますが)私に代わって、
慣れない家事をこなす2号です。
罪滅ぼし?
結構楽しそうです



未分類 | 18:22:01 | Trackback(0) | Comments(0)
秋祭り
秋祭りのお神輿も、今年が最後です。
6年生の保護者は最後の御奉公。
今回私の役目は休憩係。
休憩箇所へ、飲み物とお菓子をとどける係です。
お神輿と一緒に歩く係ではないので
随分楽をさせてもらいました。
ですが、臨機応変に動かなくてはならないので、
役員経験者しかあたらない係なんですよ。

父はといえば、本神輿のサポートです。
とはいえ、肝心の子どもたちが飽きてしまい
例年、行程のほとんどを、お父さん達が担ぐ事になります。
今年も案の定そうでした。
ただでさえ重いお神輿なのに
ふざけて神輿にぶら下がる ガキ 子もいます
叱っても効かないそうです。
私がその場にいたら、蹴り倒しますが・・・・

全4時間の神輿ルートを歩き、
父、死にそうになっています

ゆっくり休んでね
お疲れ様でした。




未分類 | 21:39:38 | Trackback(0) | Comments(0)
またまたやる気なしか?それとも反抗期か?
今日の特訓は1時から4時まで。
午後2回も私用外出はなんなので、
仕事が一段落しているのもあり
思い切って午後から有給を取りました。

12時に仕事を終え、後片付けをして帰宅。
自宅には12時20分くらいに到着。

今日は道場へ行くときにKちゃんを迎えに行かなきゃいけないので、
12時30分には出発したいところ。

帰宅した時、1号2号は髪を結んでいました。

「30分には出るよ、時間がないからね」

「ん????」

あわてて、作っておいたお弁当をかき込んで(早食いなので)
子どもたちの水筒の準備。

ふっと見ると、道着に着替えた2号がソファーにゴロンとしています。

「ちょっと?、ゴロゴロする暇があるなら、自分の水筒くらい自分で準備しなさいよ!」

「・・・・・・・・・」

返事がありません。

「なに?しんどいの?」

「ん????、別に?」

戸締りをして、すでに35分。

「ほら行くよ!、ちょっと水筒持っていないの誰」

するとダラダラと2号がカバンの口をあけてしまっています。

イラっとします。


「やる気が無いのなら、特訓なんて行かなくて良いんだからね!
 やる気のないのが1人でもいると皆の士気も下がるし、怪我の元だからやめておいたら!!」


「・・・・・・・・・

「そもそも全国大会に行く!頑張るって言ったのは自分たちでしょう!!
 その態度は何?
 どれだけ沢山の人があんたたちの為に動いてくれてると思ってるの!!
 その態度は人にお世話掛けてまで、空手をやらなきゃいけない態度じゃない!!!
 今からでもいいから、辞めなさい!!」



「・・・・・・・・、行く・・・・・・」


母、怒り頂点です

Kちゃんを迎えに行くので、そのまま連れて行きましたが、
あのふざけた態度だったら、普段なら送っては行きませんでした。

疲れているのならそう言えばいい。
ここ一番で頑張らなきゃいけない時に、
やる気のない態度では、
先生方にもお世話になる有志の方々にも申し訳がない。

最近2号の態度が特に気にかかる。
反抗期かな?。
でも・・・・・。
自分で決めた事だ。
それは許されない。









未分類 | 14:30:31 | Trackback(0) | Comments(2)
空手の稽古
木曜日、体育館。
全国大会に出場の団体型メンバーが決定しました
団体練習をするために、
普段はこちらの道場に来ない子も稽古に来ています。

まずはウォーミングアップ。
四つんばい歩きで往復。
もちろんスピード出して。
死ぬかと思いました(大袈裟)


まず、基本二本組手。
そして自由一本組手。
私の相手は茶帯のFさん。
とても力の強い方で、後には必ずアザができています^^

自由一本での良く見られる光景。
受け切らないうちに逆突きが出てしまいます。
受けの時の体重移動がいい加減。
体の捌きが出来ていません。

何度か号令に合わせて稽古した後、ペアで自主練です。
私達の隣で黒帯のEちゃんとY君が自主練しています。
スピード、力強さ、攻撃の正確さ、受け、極め
どれも申分ありません。
見とれてしまいます

「そう、あんな感じでね

あーだこーだ言うより、
素晴らしいお手本を見た方が勉強になりますね^^


その後、審査用移動基本。
そして型。

全国団体型グループ。
本日揃っていたのは3グループ
(全部で6?7グループが出場します)

 『慈恩』 『燕飛』 『観空小』

それぞれの型を
団体グループメンバーを中心にして順番に演武。


燕飛と観空小は稽古ではほとんどやる事がないので
茶帯・紫帯は覚えるのにとてもいい機会だったでしょう。

でも・・・・・さすがに型3つはしんどい。


黒帯の二人のMちゃんタオルで扇いでくれました。
サンキュー







未分類 | 08:32:30 | Trackback(0) | Comments(2)
お騒がせしました
本日よりブログの設定を元に戻しました。
ご面倒をおかけしました。

未分類 | 17:58:53 | Trackback(0) | Comments(6)
いいまつがい
うちのダンナはカタカナが苦手です。
年齢のせいかどうかはわかりませんが、よくいいまつがいをします。


最近のいいまつがい。


「ねえねえ、おかあさん、白髪染め欲しいからさ、いつでもいいからさ、
ほら、あの、あそこ、え??っと、あっ、そうそう!

“ハシモトツヨシ”

 寄って来て!」



「・・・・? ハシモト・・・・?誰?

 ・・・・・・!!

 マツモトキヨシのこと?!」



「うっ・・・・・?そうだっけ?まあなんでもいいや、とにかく白髪染め・・・」





昔のいいまつがい

BON JOVI(懐かしい!)が好きだった私に向かって一言


ボン・ジョンジョビってさ?・・・」


・・・・・?
・・・・・!!

ジョン・ボン・ジョビ だってば・・・・・






いいまつがいとは?
「ほぼ日刊イトイ新聞」でおなじみです。


未分類 | 11:09:27 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。